ももこのスウェーデン見聞録

都内某国立大生の2017年8月から2018年1月までのスウェーデン留学記!

スウェーデン留学二か月目の心境の変化/違和感/三か月目を迎えるにあたって今思っていること ②日本人コミュニティ

 

こんにちは。

今回は、留学中の日本人コミュニティについて書きます。

 

よく、留学に関するブログで、日本人、アジア人が多いから、そのグループでつるみがち、みたいなことをよく見ませんか?

私は割とそういったブログを読んで、留学先にいっぱい日本人がいたら勉強にならないから嫌だな、とか思っていました。

 

Linköping Universityには、現在、同期の日本人留学生が19人います。

韓国、香港、中国出身の留学生が合わせて25人程。

アジア勢の中で日本人が一番多い…

 

とはいえ、300人近くいる留学生のうちの40人がアジア人の環境は、英語学習にはそう悪くはありません。

 

ですが、問題は、よく群れていること。

 

ときどき、アジア人/日本人のSNSで、「集まってごはん食べましょ!」とか「パーティーしましょ!」「お買い物行こ!」「パーティーの会場一緒に行こ!!」といったお誘いが流れてくることがあります。

そうでなくても、パーティー会場で、学校で、ショッピングモールで、旅行で、一緒に行動しているのをよく見かけます。

 

私も、友達を増やすのはいいことだと思うし、何も日本人だけが群れているわけじゃない。

 

けど、よく思うの

 

黒髪は目立つ。

アジア人の留学生が「ヨーロッパ人学生との間に壁を感じる…」と言うのを聞くことがある。

 

ちゃんと考えてみれば、ヨーロッパ人の学生・留学生に囲まれて、黒髪が目立つのは自明ですね。さらに黒髪ストレートが三人も固まってたらどうよ。

超☆目立つ!

ときどき、ヨーロッパ出身の留学生に言われるのが、「日本人の留学生いっぱいいるね!!!さっきもたくさん見たよ!!」というもの。

君の国の学生より断然少ないはずなんだけど、やっぱり目立つんだろうなあ…( ˘ω˘ )

 

ヨーロッパ出身の留学生からしたら、もうアウェー空間でしかないよね。

 

この点で、ヨーロッパの学生に比べ圧倒的に不利だと思う。

ヨーロッパ学生同士であれば、誰か同じ国の友達と話していてもだれかがHi. といって話しかけてくるかもしれない。

が、それはアジア人にはほとんど起こらない。

 

友だちを作ろうと思ったら、私たち平たい顔族は自分から飛び込まないと!

 

日本人との関わり方、これからまた考えが変わって変えていくかもしれないけど、とりあえず二か月目の心境でした~

 

Hej då!!!